コンテンツへスキップ
マイクロビートの背景
マイクロビート

マイクロビート

SDGsアイコン、化学繊維アイコン、リサイクルアイコン、オーガニックアイコン
環境にやさしい、洗濯に強く乾きやすい、自然分解される最先端繊維

自然分解するポリエステル繊維

環境に優しく、かつポリエステルの機能性を損なわない。

BIO PRO (日本登録MICROBEETO) = 生分解繊維

生分解性ポリエステル(マイクロビート)はアメリカのBioSphere社との共同で開発した糸です。
レギュラーポリエステル糸の紡糸過程においてバイオ生分解強化溶液により特殊加工することで、従来のポリエステルの利便性をもちながら自然の微生物(土壌、海上に存在する微生物)によって加水分解され地球環境に害を及ぼすリスクを大幅に軽減することが可能です。
通常のポリエステルの糸と全く違いが無いため、汎用性が高く、ファッション性の高い衣類へ使用可能です。

ポリエステル
糸
機会

マイクロプラスティック問題

近年、海の生態系を著しく破壊し海洋汚染に深くかかわり問題視されている、ポリエステルやプラスチック。
便利で安価なレジ袋は約1秒で作られ、1枚あたりの平均使用時間20分、自然に分解されるまで約400年かかるといわれています。
また、ポリエステルやアクリルなど化学繊維の服を洗濯すると、微小な繊維が抜け落ちて排水と一緒に土壌や海に流出し、環境破壊を引き起こし、海洋生物の生態系の破壊にも繋がります。

マイクロプラスティック問題

ポリエステルやプラスチックは自然分解に約400年、MICROBEETOは約3年で自然分解されると言われています。

マイクロビートの自然分解は約3年とされていて、従来のポリエステルとは違い自然に生息する土壌、海上に存在する微生物によって加水分解され地球環境に害を及ぼすリスクを大幅に軽減することが可能です。


MICROBEETOの試験は現在も進行中

MICROBEETOは、土壌条件(ASTM D5511)海水条件(ASTM D6691)の試験によって検証を継続しています。性分解を実際検証し続けることで、 地球に優しい繊維であることを証明します。

※ASTM D5511、ASTM D6691・・・生分解性の国際的試験条件
※テスト自体には3年期間を要するため途中段階の結果ですが、データ上は3年で完全に自然分解することが予想されます。

BES(BIO PROバイオ生分解性)テスト

試験基準:ASTM D5511

TEST回数日付分解性補足
1回目 147days 17.20%  
2回目 219days 27.60%  
3回目 237days 34% 1年未満
4回目 349days 43.60% 約1年
5回目 517days 54.90% 約1年半
6回目 657days 65.30% 約1年10ヶ月
7回目 806days 72.40% 約2年2ヶ月越え

試験基準:ASTM D6691(海洋)

TEST回数日付分解性補足
1回目 125days 8.90%  
2回目 234days 19.60%  
3回目 507days 32.40% 1年半
4回目 774days 50.50% 2年越え

※2022年8月現在 メーカー調べ

MICROBEETOの試験